読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球のコトバ

グラウンド内外の野球を通じて、耳にしたコトバの考察。コトバは人を映し出す。読んだ人が明日からの活力になるようなコトバを届けたいと思ってます

目標

f:id:yhn2229:20161127211149j:image

 

甲子園にいくことか、

人間教育をして、立派に社会に出ていく人間を育てるのか、

 

高校野球の指導者に課されるものは大きい。

両方できるのが、そりゃベストだけど、

簡単なことじゃない。

 

でも、選手たちをその気にさせることはできる。それが一番の近道。

 

横浜高校監督の渡辺元智監督は、詩人で社会教育者だった後藤静香(ごとうせいこう)氏のコトバに感銘を受けて、部員たちに伝えてきた。

 

「目標がその日、その日を支配する」

 

1日1日でもいい。1年でもいい。目標を持って生活することと、そうでないとでは、成長のペースが違う。高ければ高いほど、それに立ち向かおうとする。乗り越えるためには何をしなくてはならないのかを考える。

 

甲子園なのか、プロなのか、目の前の試合に勝つことか、レギュラーを奪うのか、人それぞれ。

 

一方的に考えさせるだけではなく、そこから監督は生徒とコミュニケーションを取っていた。

 

松坂大輔投手が座右の銘として、このフレーズをあげていた時期があった。渡辺監督の教えからだった。彼が卒業してから間も無く20年経つが、少なくともそれから15年は、グラウンドのホワイトボードには、そのコトバが力強い字で記されていた。このコトバを目に焼き付け、プロになった選手も多い。

 

コトバの力は大きい。

幾つになっても、戦うフィールドが変わっても、目標をもっていたいと思う。